チキチキガーデン

シンプルライフを目指して何かしらする記録ブログ

2週間おきくらいにやるのがオススメ! 紙とペンを持って『ひとり会議』を開こう。


先週、自分ジャーナルのことを書いた時に、『ひとり会議』についても触れました。

今回はその手順についてをメモしておきます。

必要な物は、紙とペン

チラシの裏でも良いですし、お気に入りの手帳でも構いませんが、私はA4サイズのセミナーレポートがお気に入りです。

そして適度なポッドキャストラジオか、海外ドラマをBGMに飲み物も用意。
トイレに行ってから、いざ30分間一本勝負!といった具合に、ひとり会議開催のゴングを脳内に鳴り響かせます。

テーマを書き出す

気になっていることが1つであれば、それだけを議題に進めればいいのですが、たいてい「あれも、これも」と複数のモヤモヤを抱えています。

それを最初に書きだしておくことで、会議中に「あれもこれも気になる!」と、思考が脱線してしまうのを防ぎます。

通常の会社で行われる会議でも、最初に議題を決めますよね。
このプロセスを省略してしまうと、進行がグダグダになってしまうので、絶対にやるようにしています。

ブレインストーミング

あとは、ひたすら独りブレストタイム。

厳密な意味でのブレインストーミングとは、相手の意見を否定しないというルールがあるようですが、如何せん簡易式の独自ルール会議です。

イデア出しでもないので、仮説を立てては別の見解を仮に立ててみて…ということを繰り返しやって、前の意見を打ち消し、取り消し、やっぱり復活…と、思考実験のようなことを繰り返しては、ひたすら文章や文章にもならない単語の羅列を紙に書き出していきます。

事実・感想・分析・別視点からの見え方・言い訳・説得・解決策。

どうすれば良い方向へ進められるかを、ただ思いつく限り書くのみです。

まとめを手帳に記す

ある程度の方向性が見えたら、ポイントを手帳に書き出し、『やることリスト』を作成します。

あまり深く悩まない。なるようにしかならない。他人は自分の思い通りには動いてはくれない。
誠実に、潔く、柔軟に。

以上のことをモットーに進めると、30分でもブレストすれば頭がスッキリしています。

あとは『ひとり会議』の後に、しっかりと行動に落とし込めるよう、きちんと具体的な行動を「いつ・何をどうやるか」までメモしておくのが重要のように感じます。

場所は?

だいたい自室でやっていますが、たまに図書館や喫茶店などで行うと、気分がリフレッシュされるのでオススメです。
喫茶店で手帳広げてる女の人ってカッコイイですよね。

普段、事務職で会社の外に出る機会がないので、ちょっとした憧れがあって、たまの休日にやってます♪