チキチキガーデン

シンプルライフを目指して何かしらする記録ブログ

ブログ、Twitterを自分ジャーナルとして発信する

7、8月は仕事の繁忙期でした。
遊んだし、お気に入りのグッズも手に入れましたが、ほとんど記憶に残っていません。

辛うじて「あとでブログに書こう」と写メしたものを思い出して、昨日、一昨日のブログを更新しましたが、なんとなく人生を消費してしまった気になってしまいます。

この教訓を活かして、もっと自分のことを記録に残そうと決意したしだいです。
今日は、何をどこにどう記録しようか、まずは表向きの自分ジャーナルにたいするメモです。

写メる

手軽さ、スピード感、情報量。
どれをとってもスマホで写真を撮る行為というのは、他の方法に追随をゆるさないほど素晴らしいですね。

使う・使わないにかかわらず、どんどん写メっていきたいです。

ところで『写メ』の語源はデジタルツーカー時代の『写真をメールで送る』が略されたものだと思いますが、今では『写真でメモする』の意味も含まれているなあ…と、勝手に思っています。

Twitterでつぶやく

おもしろいブログを書く人のTwitterアカを発見したものの、ブログの更新通知とメンションに対する返信しかなかった時は、そっとタブを閉じます。

自分のTLを見ていると、同じような状況に陥ってるな…と反省し、これからはもうちょっと自分のことをつぶやいていきたいな…と、思いました。
これといって面白みのある人生でもないし、ネタツイートもできないのですが、『自分ジャーナル』のひとつとして素朴な何かを記録に残していくつもりです。

ただ自意識過剰と言われようとも、自衛のため「図書館なう」など現在地はやめにします。
現在地、定期的に通っている場所や、これから行く場所のツイートは控えつつ、帰ってきてからの振り返りツイートはオーケー。

ブログに書く

とくに人に喜ばれるような専門知識を持ち合わせていないため、このブログはどう頑張っても『日常ブログ』です。

自分の視点からみえる『日常』を、自分の言葉でわかりやすく説明する。
あたりまえのことなのですが、これがやってみるとなかなか難しく、文章を書いているうちに着地点を見失ってしまうこともしばしば。

自分語りが好きなので、そのうち離婚話の詳細なども書いていきたいです。
その当時ショックだったこと。冷静になって思い返すと、また別の見方ができることなど、たまにふと頭を過ることがあります。

さらに十年後、もっと別の視点が見えてくるかもしれません。
その時のためにも、ここに記憶を残して行きたいと思います。

自分ジャーナル

ひとに向けて書く必要はまったくないのですが、外の世界に向けて発信することで、また別の視点があるかもしれない。
誰かが共感してくれたら嬉しい。

そんな気持ちで、これからもブログを続けていくつもりです。