チキチキガーデン

シンプルライフを目指して何かしらする記録ブログ

【研究計画】ネイルラボ ~日々のお手入れと、長持ちするマニキュアの塗り方

よくホルモンバランスを崩して、指に水膨れを作っては、そこを起点にひび割れを発症させてしまいます。
ですが、ネイルが好きです。

そこで、これから『ネイルラボ』として、指先の肌と爪の健康を保ちつつ、キレイにマニキュアを塗る方法を研究していきたいと思います。

そして、今回の『ネイルラボ』は第一弾の基礎編です。
将来的にはフレンチやドット柄などセルフネイルでも簡単にできるデザインも極めたいと思っていますが、それよりもまず自分の肌と爪を守ることが先決。

まず、やるべきは日々のお手入れや、手が荒れた時の対処法などを見直し。
そしてマニキュアを、キレイにムラなく濡れるようになるのが目標です。

現状

幸いに爪はとても健康です。
ずっと爪切りで爪を整えてきましたが、割れたりしたことは一度もありません。

あと、薬をこまめに塗っているため、衛生上、爪を伸ばすことがありません。

ジェルネイルはネイルオフが著しく面倒なので、自分ではつけません。

手間なく、ムラなく、キレイに。が、目標です。

ベースコートトップコートって必要なのかな?

よく雑誌などでネイルケアの特集している際、「綺麗な仕上がりやマニキュアを長持ちさせるために『ベースコート』や『トップコート』は必ず塗りましょう」と書かれていますが、どれくらい違いがあるのかが、よくわかりません。

トップコートで仕上がりが綺麗になるのだけはわかりますが、ベースコートの有無でそこまで違いがあるのでしょうか。

「ネイルが長持ちする」とも書かれていますが、どんなに手間ひまかけても、人差し指とか3日目くらいにはもう爪の先が剥がれ始めます。

上記の疑問も解決させるため、ベースコートトップコートをそれぞれの爪につけて『長持ち度』の検証もしようと思います。

研究項目

  1. 肌や爪を傷めない除光液の付け方
  2. 自分の手の荒れ方まとめと、保湿ケア
  3. 爪のお手入れ方法(甘皮の処理含む)
  4. ワンカラーをムラなく2度塗りする方法
  5. 長持ちするマニキュアの塗り方(下地、トップコートはなし)
  6. 全体まとめ

期間: 3ヶ月

手荒れ悪化防止としてネイルお休み期間も考慮に入れ、余裕を持って期間を設定します。
それぞれお手入れと、マニキュア塗るのとを交互に行うので、今回は「○日までに、××をやる」といったようなスケジュールは立てません。

お手入れし、ネイルを塗って。剥げてきた結果をモニター。
どんな塗り方がキレイで長持ちするのかを検証していきます。