チキチキガーデン

シンプルライフを目指して何かしらする記録ブログ

コツコツ断捨離と相性の良い『お片付けノート』を実践してみる

『お片付けノート』とは

なんとなくコツコツ断捨離を進めております。
実家暮らしの諸事情により、『一気にモノを捨てる』ということができません。

あと、今時期に調子に乗って捨てていると、秋・冬になった時にモノがなくなった部屋が寒くなっていたりしたら目も当てられません。
北国では家具やモノは断熱材の代わりでもあるのです。(今はウンザリするほど暑いケド…orz)

そんなこんなで、「一日ひとつずつ何かを捨てて、Twitterに報告する」ということを進めているのですが、最近、以下の本に出会いました。

整理収納アドバイザー1級のモカさんが考案した方法で、やり方は至ってシンプル。

  1. 『お片付けノート』を用意する
  2. 毎日3~5個の物を捨てる
  3. 日付と捨てた物。捨てた理由を『お片付けノート』に書く

ノートに記録することで、自分がどうして捨てられなかったのか。その理由を知ることができ、毎日、5分間だけ取り組めば良いので取り掛かるハードルが低く行動を起こしやすい。
そして記録を続けるうちに、羅列された内容がモチベーションや自信、楽しみにつながっていくという、素晴らしい好循環が生み出されていくわけです。

これを3週間続けると、いつの間にかお片付けできる習慣が身についてるとのこと。
ミニマリスト・シンプルライフとは、ちょっと趣旨が違いますが、ロースペース断捨離と相性が良さそうなので、8月から試しに取り組んでいます。

この手法の何がいいかというと、「小さく始められ、中断しても、すぐにその日から再開できる」という点です。
忙しくて、頭とデスクがしっちゃかめっちゃかになっている時は休む。
頭を休めたら、次の日からしっちゃかめっちゃかになったデスクを起点に、また『お片付けノート』を再開させていけばいいのです。すてき。

実践するにあたってアレンジ

最初なんだから基本に忠実に行うべきなのでしょうが、早速、自分流にアレンジしています。

まず『お片付けノート』となる物理的なアイテムを使っていません。
今まで通りTwitterに報告するかたちでもいいかな?と、思ったのですが、文字数制限があるので、もう少し自由度の高いInstagramでやることにしました。

わざわざ捨てるものを、オシャレな写真に加工して撮るという行動。
最後に私の元へ来てくれた物と改めて向き合うことができるので、良い思い出をありがとうという感謝の気持や、無駄遣いしてしまった反省などがこみ上げてきて、納得しながら断捨離を進めて行けます。

個人用断捨離ハッシュタグを使用して、月末などに振り返っても良さそうです。
Instagramで『お片付けノート』実践の様子

「引き出しの中身をひっくり返して、一気に捨てる!」という漢(オトコ)らしい断捨離にも憧れますが、このように毎日、コツコツ捨てて、半年後・一年後くらいに部屋がスッキリしていたらいいな。と、思います。

参考リンク: お片付けノート moca's official site