チキチキガーデン

シンプルライフを目指して何かしらする記録ブログ

雑誌のおまけカバンがかなりいい

中学生の頃から、ずっと肩凝りに悩んでいます。
持ち物は厳選して持ち歩いているものの、なんだかんだで重いです。

ファッション誌で「カバンの中身公開します!」みたいなことやってる人たちと比べれば、持ち物は少ない方ですが、ちょっと小一時間ほど買い物するだけで肩が痛くなってしまいます。

せめてちょっとした買い物の時には、財布と車の鍵、スマホくらいしか持ち歩かなくて済むようなカバンをずっと探していました。

通勤カバンと併用できるようなバッグ・イン・バッグを探していましたが、そういった名称で売られているのは事務用品のようなデザインのものばかり。 買い物のときに持ち歩きたいと思えるようなものはありませんでした。

そうして悩みながらも一年くらい経過したころ、ふらりと立ち寄った書店で理想のバッグに遭遇しました。
そう。雑誌のおまけです。

Sweet(スウィート) 2015年 08 月号 [雑誌]

Sweet(スウィート) 2015年 08 月号 [雑誌]

宝島社

評価: 5つ星のうち2.9 2.9

発行日: 2015-07-10

価格: ¥ 42 (中古品)

Amazon.co.jpでCheck!!

たしか、この雑誌を買ったのが7月の末くらい。
それから1ヶ月以上使っていることになりますが、雑誌のおまけにしてはなかなか優秀な働きぶりをみせてくれています。

買ってよかったこと

クラッチバッグにしても、バッグ・イン・バッグにしても、ひとつずつでポシェットにしてもOK!
そしてそんなバッグがおまけで2つもあるワケです。

雑誌Sweet8月号とおまけのカバン

2つを肩紐で繋げて使えば、財布や鍵、スマホ以外にもハンカチ・チリ紙やちょっとした化粧直し用の道具も持ち歩けます。
おでかけバッグに丁度いいサイズ♪

また、当初の目的であったバッグ・イン・バッグにしても、私の通勤カバンととても相性が良く気に入っています。

バッグ・イン・バッグとしてのカバン

普段は車移動で、ちょっとコンビニに寄ったときに、このおまけカバンだけを取り出せば重い荷物をいちいち持っていく必要がありません。

ちょっと不満なところ

実は、若干サイズが小さくて、財布とスマホが中でケンカしています。
チャックがしまらないというほどでもないので問題なく使えますが、欲を言えばもうほんの1cmほど大きければ良かった。

カバンの大きさ

また雑誌のおまけなので、人と持ち物がカブったら、なんかちょっと恥ずかしいです。
しばらくはバッグ・イン・バッグとしてだけ使用し、ほとぼりが冷めた頃に、2つ一緒にお出かけバッグとしてデビューさせようかと思います。

目指せミニマリスト

サイズが小さめですので、たいへんミニマリスト向きなカバンです。
将来的には、通勤カバンもこれくらいのサイズでも苦にならないようになれればいいですね。