チキチキガーデン

シンプルライフを目指して何かしらする記録ブログ

より充実した時間を過ごすため、作業前作業を儀式化する


すこし前に『ひとり会議』をひらく手順を、このブログで書きました。

その際に、トイレへ行って、飲み物を用意し、BGMをかける…と、事前の準備についても書いていたのは、それが省略してはいけない重要なプロセスだからです。

自室で何かの作業をする際、半径3メートル以内にベッドがあり、マンガがあり、テレビがあります。

そして難しい作業に取り組もうとすればするほど、その面倒な手順に脳がストレスを感じ、よりラクな方、楽しい方へと注意が向いてしまうことが多いです。

そんな脱線をなるべく省き、机に向かった瞬間に作業に集中できるよう、儀式的な工程を用意するようにしています。
この作業の前の儀式をするのとしないのとでは、雲泥の差です。

事前に邪魔になりそうなものを排除し、体を労るためにも休憩を入れるタイミングもあらかじめ決めておく。

このプロセスを実行している段階で、心の準備と作業の段取りが、いつの間にか自分の中で行われているようです。

作業前作業儀式

  1. 5分間だけ部屋の片付けをする
  2. トイレにいく、飲み物を用意する
  3. BGMをセット

ほかにも作業の種類によって、項目が増えることがありますが、最低限でこれだけは必ずやるようにしています。

そして頭を使わない作業にしておくのもポイントのひとつ。
儀式中に作業のイメージトレーニングするためにも、作業前作業では脳内メモリを開けておくようにします。

部屋の片付けをする

無論、作業の途中で床に放り出した雑誌を読み始めたりしないようにするためです。

コツコツ断捨離をやり始めてからは、あまりこういう作業の邪魔をするような物は不用意な場所には置いてはいないのですが、それでも部屋の片付けをすることで、何かアドレナリン的なものが出ているらしく、うまい具合に脳のエンジンがかかってアイドリングされるようになったので、やはりこの工程ははずせません。

適当にマイクロファイバークロスとかで埃を取るなどして、部屋を掃除します。

また、『5分だけ』と時間を決めておくことも大切です。
普通に掃除が楽しくなって、そのうち模様替えとか始めてしまう可能性があるからです。
お気をつけ下さい。

トイレにいく。飲み物を用意する

試合前のアスリートと同じです。
体調をしっかりと整え、作業を途中で中断せずにすむよう、事前にできることは事前にやっておきます。

場合によっては、私は、ここでおやつを用意することもあります。
ここで小分けして取ってきておかないと、ふつうにお徳用パックを開けて、モッシャモシャと食べながら作業を続けてしまうためです。

正直、集中している時の自分は我を忘れていると思うこともしばしば。
正気を保っているうちに、常識の範囲内のおやつを用意しておくのは、返ってダイエットの邪魔をしません。

BGMをセット

実家暮らしで、何もつけないでいるとリビングからのテレビが漏れ聞こえてくる家に住んでいます。

注意力も散漫なため、「この声はおそらく北野武。TVタックルでも観てるのかな…」とか気になりだしたら、あっという間に作業に向けていた集中力が途切れてしまいます。

それを防ぐためにもBGMが必要です。
一般的には雨や喫茶店などの環境音、クラシック音楽などがオススメのようです。

私はなんとなく海外ドラマを流しいています。
もう何度も観ているドラマなので結果も知っていて、そこまで注意力が削がれません。

また「この話が終わったら、いったん休憩取ろう」と、良いタイマー代わりになるため、重宝すらしています。
ただ逆に「この話が終わるまで、作業再開しなくてもいいか…」と、無駄に休憩時間が長くなってしまうのも事実。

やっぱり人にオススメするなら環境音辺りが無難でしょうか。