チキチキガーデン

シンプルライフを目指して何かしらする記録ブログ

誰にも言えない『裏・自分ジャーナル』は鍵付きTwitterアカウントへ


先日、自分ジャーナルとしてTwitterやブログに情報を発信していこうと書きました。

ですが恥の多い人生です。 人に話してネタになるようなものなら構わないのですが、ひとに知られたら人生終わってしまうような話せないものもあります。

または人に話すには忍びないほどの、どうしようもない愚痴もまた外に向かって発信しちゃいけないもののひとつ。
交流目的のアカウントで、それをやってしまうと一気にフォロワーが減ってしまいそうです。

TBSラジオ ジェーン・スー 相談は踊る』で、作詞家、コラムニストでもあるジェーン・スーさんが、誰にも言えない愚痴や悩みはTwitterの鍵アカにつぶやいて、やり過ごす。…と、仰っていたのを聞いて、実践してみたらビックリするほど気持ちが整理されて楽になったため、それ以来、このやり方の虜です。

気持ちを具体的に言い表すことで、思考が整理されていく

誰もフォローせずに、ひたすら独り言をつぶやくだけのアカウントですので、誰かに見られる心配がありません。

また、自分の負の感情を書き散らかすことによってストレス発散になり、うまく具現化できなかったモヤモヤも言語として表すことで、「そうか、私はこれがイヤだったのか」と、再認識することができます。

そうこうしているうちに自分の中の天使と悪魔が会議をはじめ、「アイツは酷いやつだ。お前のことなんて、これっぽっちも考えちゃいない」「いやいや、ひょっとして誤解を与えるような行動をとってなかったか、もうちょっと考えてみよう」などと、具体的な解決策まで議論を向けさせることができます。

私はイヤなことがあった時、どうやら「まず傷ついた自分を認めなければ先に進めない人間」のようで、そこを乗り越えなければ建設的な話まで、気持ちをもっていけません。

無理にそうしようと試みても、「でも、あそこであの人がそういう捉え方するほうが悪いんじゃね?」と、相手の非ばかりを突いて、一向に解決策を見い出せないでウダウダ・グチグチと無駄な時間を過ごしてしまうのです。

ところが鍵付きTwitterでつぶやいていると、「傷ついた自分」を認めることで、「それはそれ。これはこれ」と切り分けて考えることができるようになりました。

現状に不満があって打開したいなら、相手を呪うより自分で何かできる方法を探しだすしたほうが手っ取り早いです。

鍵付きTwitterにつぶやくようにしてから、このプロセスを以前より時間短縮できるようになった気がします。

紙に書くのでもいいのだけれど

もちろん公表さえしなければ、チラシの裏に書いたり、手帳に書いたりすれば、同じような効果が得られるのですが、その紙を処分する手間がひとつ省ける分、鍵付きTwitterの方が有利な気がします。

どうしても負の感情が書かれたものを、誰でも読める状態で保管しておくのは気が引けます。
誰も読まないとわかっていても、なんとなくイヤなんです。

また電子情報ですので、検索性にも優れているという利点があります。
Tiwtter自身の検索機能には頼りきれませんが、ツイエバというサービスを利用してEvernoteにログを保管しているので大丈夫。

鍵付き故のデメリットも

残念ながら非公開であるがために、iftttとの連携ができません。
先述したツイエバなら、Evernoteへの転送ができますが、それ以外へのログ保存は難しそうです。

また、ハッシュタグも使えません。
独自のハッシュタグを使用して、あれこれやってみようかと試みたこともありますが、ツイートはできるものの検索には引っかかりませんでした。

あとはうっかり間違って、公開しているアカウントに愚痴を流しちゃう危険性もありますが、その時は「やっちまったな」と生暖かい目で見守ってやってください。